2011年

7月

25日

大和田自然農園 開園10周年イベントへ参加してきました!

 こんにちは、ゆんです!

 

このホームページでも告知させて頂いていました、

大和田自然農園さんの開園10周年を記念したイベントが開催されました!

 

 

つるさんは残念ながらお休みの為、今回はせきさんとゆんで取材させて頂きました。

 

早速、イベントの模様を、感想を交えながらお届けしたいと思います。

 

 

開園から1時間強しか経っていないのにも関わらず、

既に園内には、大人から子供までたくさんの来園者がいらっしゃいました!

駐車場も満杯で、ゴールド免許暦30年のベテラン・せきさんに数回ほど車を移動して頂きました。

(せきさん、いつも安全運転ありがとうございます)

 

人、人、人の中、遠目に大和田さん夫妻を発見しました。

が、盛況さも手伝い非常にお忙しそうだった為、

見学や写真撮影などをしながら、タイミングを見てご挨拶。

 

お話を伺って、今回のイベントに沢山の団体さんが協力されていることがわかりました。

 

まず、出店関係から。

いわき市平に店舗を構えるフレンチレストラン、『ラ・フォンローズ』様。

写真3枚目左側にいらっしゃるのがレストランのコックさん達です。
大和田自然農園のブルーベリーをメニューに使用されていた経緯があり、今回のイベントに協力して頂いたとのこと。ステーキ、焼き鳥、うどんを提供されてました。食指をそそるジューシーな香りが農園一帯に充満していましたよ~

 

<参考>

『ラ・フォンローズ』(いわき市新田前3-12)

 

 

続いて、竹林再生プロジェクト

 

こちらはいわき市を拠点に、荒廃した竹林の再生を通じて地域社会への貢献を目指しておられる団体です。『竹を見直そう』をキーワードに、夏井川(現在は三和中心)の竹を利用し、肥料や工芸品を作りだしています。

 

お話を伺ったのは、プロジェクトメンバーの田村要一さん(写真中央左)。

田村さんは、(社)いわき産学官ネットワーク協会が全国中小企業団体中央会より採択を受け実施しております『いわき農商工連携人財育成塾』の2期生でもいらっしゃいます。

 

今回のイベントでは、写真の様に廃竹から作った竹馬を遊具として子供たちに提供したり・・・

 

また、畑から農園の道沿いにかけて、たくさんのひまわりが咲いていました。

なんと全部で千本もあるそうです!

ここの所、台風など悪天候が続いていましたが、花も葉っぱも大きく、わさわさとよく育ってました。

そのひまわり達に沿うように、今回のイベント用に立てられた竹灯篭も、同プロジェクトの皆さんのお手製です。

ちなみに、こちらは大和田さん宅にある竹林からも利用されているそうです。素敵な計らいですね。

 

やがて夜の帳が落ちた頃、この竹灯篭に一斉に光が灯され、地元団体によるいわきの踊念仏、じゃんがらの鈴と太鼓の音がまことしやかに響き始めると、東日本大震災で亡くなられた人々への祈祷が行われます。農園全体を囲むように植えられたひまわりの花をひとつひとつ照らしながら、暖かい灯火は農園一帯を温かく包み込むことでしょう。夜まで居れないのがとても残念でなりません。

 

途中、雨雲が好間町上空を通過した際、お世話になった同プロジェクトさんのテント。

雨宿り中、避難された方とお話させて頂きました。

この後も、湯本温泉 古瀧旅館のご厚意で、避難者の方がバスで来園される予定とのことでした。

一緒だった女の子、わずか2歳とのことで、おぼつかない足元に傍目にも少々ハラハラしていたのですが、それでも一生懸命バランスをとりながら、頑張って一人でちゃーんと立ち続けていました。

そんな姿を見ていたら、何だか自分ももっと色々頑張らないといけないなと思いました。

 

写真ですが、地面に敷き詰められているのは廃材をリサイクルした環境にやさしい竹チップです。

歩くたびに足元からパキッ、パキッ、と心地良い感触と、軽快な効果音がしてとっても和みますね。

大和田自然農園さんは来園者にも環境にも、様々な配慮をされているんだなぁと改めて感じました。

 

<参考>

『いわき農商工連携人材育成塾』

(社)いわき産学官ネットワーク協会では、全国中小企業団体中央会「農商工連携等人材育成事業」の採択を受け、農林水産物の生産や加工、消費者ニーズを踏まえた販路開拓までを一つのビジネスサイクルととらえ、戦略的に農商工連携を展開する”核”となる人材を育成・確保することを目的とした育成塾を、本年度も開講いたします!(開講9月予定)

詳細が決まり次第、広報・ホームページ等でアナウンスさせて頂きますので宜しくお願い致します。

 

『いわき竹林プロジェクト』

【URL】 http://chikurinsaisei.blog93.fc2.com/

軽快なサウンドで活気を与えていたのは、テクノポリス・ジャズトリオ様。


いわき市、日立市、郡山市などを中心に活動されているジャズ・バンドです。大和田自然農園さんが取引されていたフレンチレストランの紹介で今回のイベントに協力されたとのことでした。気になる楽曲は、スタンダードジャズを中心に、『コーヒールンバ』 『星に願いを』 『恋のバカンス』 『スウィート・メモリーズ』など、計10曲以上を演奏されました。

やっぱり・・・Jazz(音楽)って良いですね~!じわじわと、元気の源が沸いてくる感じです。

 

 

地元フラ・サークルさんも、素敵なフラダンスを披露してくださいました!

次々に変わるハワイアン・ミュージックとダンスに合わせて、衣装もチェンジ!

来園者の皆さんも、俄かに席を立つことなく、じっくりとダンスに見入り、音楽に浸っておられました。

 

スパリゾート・ハワイアンズもいよいよ10月に再開予定ですね!

また、たくさんの観光客が、いわきを訪れてくれますように!

がんばっぺ!いわき!

 

当日販売の飲食チケットでは、ご覧のような数々の料理が楽しめました。

ちなみに、ゼリー、パン、かき氷のシロップには大和田自然農園さんのベリー類が使用されています。

中でも、ポイスンベリーのかき氷は、ほのかな酸味が程よく後をひく感じで、まさに『大人のかき氷』でした。

(ごちそう様でした!)

 

 

 

今年は例年稀に見る豊作とのお話でしたが、

7月上旬に訪問させて頂いた時より、更に!

畑一面に豊満なブルーベリーの実がたっくさん光っていました!

ご覧ください、この大粒のブルーベリー!!

今にも枝が折れそうです!

それに、とっても甘いんです。口の中でとろけてしまう感じ。

 

ブルーベリー狩りが楽しめるのは長い1年間でたった2ヶ月間です。

皆さん、今年の夏は是非、大和田自然農園さんへブルーベリー狩りに行きましょう!!

甘くておいしいブルーベリーと、気さくで素敵な大和田さんご家族に出会えますよ!

 

(ゆん)