三和のお食事処『きのことマサ』

こんにちは。つるです。

 

今日は、昨年より農産物加工品ブランド化支援事業でサポートしている

三和のお食事処 『きのことマサ』さんのレポートをお届けします。

 

きのことマサ

『きのことマサ』は、いわき市三和町の、国道49号線と国道349号線の交差点近くに
平成17年12月にオープンしました。
三和の自然に囲まれながら、四季折々の自然の恵みが味わえるお店です。

 

店内の様子

『きのことマサ』は、ご夫婦で経営されている、アットホームな雰囲気のお食事処。

店内の窓からは、三和の豊かな緑の風景が広がっていて、 スローな時間が流れています。

 

『マサ』とは、このお店を営むご主人・小野正浩さんの名前から。

『きのこ』は、キノコ好きのご主人がつけた名前だそうで、

お店では天ぷらやラーメンの具材として、しめじや舞茸などのキノコをいただくことができます。

 

本棚

棚には、店名にちなんで常連のお客さんからプレゼントされた「きのこグッズ」がいっぱい。

また、ご主人の趣味でもある「釣り」の本も。

 

 

ロゴマークとのぼり旗

 

私たちがプロデュースさせていただいた、お店のロゴマークとのぼり旗のデザインが、こちら。

 

『きのことマサ』というユニークな店名をメインに打ち出し、キノコの模様や色調を使って、

全体的にモダンな印象に仕上げました。

 

人気の商品たち

お食事処を経営するかたわら、自家製ドレッシングや食べるラー油などを販売しています。

 

研究熱心なご主人が、素材を厳選し、手づくりにこだわった商品たちは、

店内はもちろん、いわき市内の農産物直売所などで、主に販売されています。

 

ざる蕎麦とミニ天丼のセット
ざる蕎麦とミニ天丼のセット(950円)
デザートセット
エゴマのぷちぷちケーキとコーヒーのセット(450円)

 

人気メニューを紹介していただきました。

 

ざる蕎麦とミニ天丼のセットは、ボリュームたっぷりで特に男性に人気とか。

お蕎麦のつけダレには、エゴマ味噌を使用しています。

 

一方、女性におすすめなのは、エゴマのぷちぷちケーキとコーヒーのセット

ケーキはレーズン入り。季節のアイスクリームも付いています。

 

エゴマは、別名『じゅうねん』とも呼ばれ、福島県で多く採れるシソ科の植物。

その種は、ゴマに似た形状をしていて、α-リノレン酸やロスマリン酸を多く含み、

抗酸化作用、アレルギー抑制作用、認知症や動脈硬化予防に効果があるといわれ、

近年、注目されている食材です。

 

このぷちぷちケーキは、表面にエゴマの種がふりかけられていて、

ぷちぷちとした独特の食感を楽しむことができます。

 

エゴマのぷちぷちケーキ
エゴマのぷちぷちケーキ(700円)

 

エゴマのぷちぷちケーキ』は、販売用もあります。

取り扱っている直売所や、イベント販売でも人気商品だそうです。

 

小野さんご夫婦

できたばかりの‘のぼり旗’をお届けしてきました。

 

ご主人の小野正浩さんと、奥様の陽子さん。

お二人とも気さくな方で、三和のおすすめスポットや、お料理のアドバイスなど、気軽に相談できますよ。

ドライブがてら、ぜひ訪ねてみてください。

 

以上、三和のお食事処『きのことマサ』のレポートでした。

 

(つる)

 

上でご紹介したドレッシングや食べるラー油、エゴマのぷちぷちケーキなどは、

こちらのショップでもお取扱いしています。

 

三和町ふれあい市場(いわき市三和町)

◆スカイストア(いわき市平)

◆田舎んぼ(いわき市草木台)

ベレッシュ(郡山市喜久田町)

 

 

地図・アクセス

三和のお食事処 きのことマサ

福島県いわき市三和町上三坂字立町101-2

TEL: 0246-85-2755

OPEN: ランチ 11:00~15:00 ディナーは予約時のみ営業 ※月曜定休