2011年

10月

06日

がんばっぺ!いわき復興祭レポート

10月1日(土)、2日(日)の二日間、21世紀の森公園でおこなわれた『がんばっぺ!いわき復興祭』。

市制45周年の節目の日に、震災復興の祈りをささげて開催されたこの一大イベントに、

農産物ブランド化支援員の3名も参加してきました!

 

「いわき大物産展」「いわき産業祭」「いわきおどり」を同時開催し、

お子様向けのイベントから、フラガールによるステージ、さらには音楽ライブなど、盛りだくさんの内容で、

まさに子どもからお年寄りまで楽しめた濃密な2日間でした。

 

何からレポートして良いのか分かりませんが、まずは、こちら。

 

子どもSL
リャマ

 

復興祭のひろ~い会場の約半分は、『こども広場』でした。

 

広場を一周する豆汽車は、ちゃんと駅や踏み切りも用意されていて、本格的!

 

ふれあい動物園では、リャマやリスザル、カピパラなど、めずらしい動物に会えて嬉しそうな子ども達。

実際に動物に触ることのできるコーナーでは、モルモット、ひよこ、うさぎなど。

やさしく、そっと抱っこしてあげている子どもの表情が、とっても愛らしかったです。

 

幸水ナシコさん

そして、突如表れた謎のキャラクター!

首から提げている名札をよーく見ると、、、、、

 

ナシコさん名札

お名前は、『幸水ナシコ』さん。

こ、これは・・・、東日本高速道路株式会社の社員証ではありませんか!!

 

どうやら、NEXCO東日本いわき管理事務所のマスコットだったようです。

いわき名産の梨「幸水」と、高速道路での「事故なし、違反なし、落下物なし」の願いをかけて

デザイン・制作されたそうです。

 

子ども達に大人気でした!

 

駒田選手
野球教室

場所を移して、グリーンスタジアムでは元・読売ジャイアンツの篠塚選手と駒田選手による

子ども向け野球教室が開催されていました。

 

厳しくも愛情のこもった指導の声が響き渡ります。

いわきの野球少年たちの生き生きとした表情が印象的でした。

 

この中から、本当に野球選手になる子が出るといいな~なんて。

 

軽トラ市

続いて、いつもお世話になっている農業者の方々が出店している軽トラ市へ。

新鮮な野菜・果物・花・惣菜などが、スーパーで買うよりずっとオトクな値段で販売されていました。

 

私は、とまとランドいわきさんで、ミニトマトとパプリカを購入。

すると、北海道夕張市から応援参加している農家さんから、

「おまけ」というにはもったいないくらいの、じゃがいもとかぼちゃをプレゼントされました。

すごい!本当にお買い得でした!

 

 

さて、いよいよ、メイン会場となるイベントステージ&大物産展の方へと向かいます。

 

大物産展

普通に歩くことができないくらいの人・人・人!!

なんだか、ものすごいことになっています!!

 

それもそのはず。この大物産展のエリアには、いわき市からはもちろんのこと、

原発事故の影響でいわきで避難生活を送っている双葉郡の各エリア、

そして震災後に支援してくださった延岡市、由利本荘市、港区など、

各地の郷土料理、地元人気料理、地酒、工芸品などの試食・販売がおこなわれていました。

 

その数、100店舗近く。ものすごい熱気です。

 

からし屋

ブランド化支援のお仕事で最近やり取りをしている、『韓国村・からし屋』さん。

店主の姜貞子さん(ソウル出身)は、チマチョゴリをきて登場です。

元気のいい声で、自慢の手づくりキムチを販売していました。

 

トッポギ

からし屋さんが今回特別に販売していたトッポギは、

あまりの人気ぶりに午後にはすでに売り切れてしまい、結局私達は食べられませんでした(涙)。

 

かに汁

こちらは、長蛇の列ができていた『カネキ商店』のカニ汁(一杯300円)。

カニが豪快に入っていて、お椀からはみ出しています(笑)

これぞ、いわきの豪快な浜料理ですよね!お姉さんの笑顔も素敵でした。

 

 

マグロメンチカツ

つづいて、福島県立いわき海星高校の「まぐろメンチカツ」!

学生達が実習船『福島丸』に乗って、 ハワイ沖で獲ってきたマグロを使用しているそうです。

 

いわき海星高校は、漁業、海洋のスペシャリストを育成する高校。

港町・いわきのこれからの水産業を担う優秀な若者を、毎年輩出しています。

 

そのいわき海星高校の校舎は海の目の前にあり、津波の甚大な被害を受けてしまいました。

現在は近くの小名浜高校の校舎を借りて授業をおこなっているそうです。

 

学び舎を失っただけでなく、放射能汚染によるいわき沖での漁業自粛など、

さまざまな困難に立ち向かっていかなければならない彼ら。

みんなで支え合って、応援していきたいなと思います。

 

延岡市

さてさて、こちら、いわき市の兄弟都市として交流のある宮崎県延岡市から、

チキン南蛮と宮崎の地ビールの出店です。これは最高の組み合わせですね。

当然ながら大人気で、このときは売り切れ状態でした・・・(涙)

 

 

そこで、お腹をすかせた私たちが向かった場所とは・・・

 

スカイストア店舗

「いわきの農家を応援!」ということでスカイストアさんが特設したブース「Iwaki Buono-dappe」。

日本のイタリアンを代表する重鎮・日高良実シェフによる、

いわきの野菜を使ったメニューが販売されていました。

 

日高シェフは東京・乃木坂にある高級イタリア料理店「リストランテ山崎」料理長を経て、

現在「アクアヴィーノ」「ジェラテリア アクアパッツァ」などを展開する超有名シェフ。

そのシェフが自ら厨房に立ち、開発したメニューを調理・販売するとあって、こちらも長蛇の列。。。。

しかし、根気強く20分ほど並びました。

 

トマトパスタ

そして、ついにゲットしたのがこちらの「ゴールドトマトと自家製ソーセージのパスタ」(300円)!!

 

ナスやかぼちゃなど、いわきの野菜がふんだんに使われたゴールドトマトのソースは

ローリエを入れて煮込んであるので、やわらかくて味がしっかりしみ込んでいます。

この絶品ソースをフェットチーネに絡めていただきます。

 

これは美味しい!!並んででも食べる価値のあるパスタでした。大満足。

 

いろどりや最後にふりかけてある粉チーズなど、細部にもぬかりがなく、

「さすが!」としか言いようのないパスタでした。

 

フラガール

そして、おまちかね!イベントステージでは、この日から再開オープンしたスパリゾートハワイアンズによる

「フラガール全国きずなキャラバン」の最終公演がおこなわれました。

 

震災後、元気と笑顔を届けようと「フラガール全国きずなキャラバン」と題し、

全国を公演してまわってきたフラガールたち。

これまでに訪問した場所は全国26都府県と韓国・ソウルを含め125か所にものぼりました。

 

かつて炭鉱の町として栄えたいわき市。

今から46年前、炭鉱閉山で廃れた町を甦らせようと、日本初のテーマパーク、

「常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)」が完成しました。

そして炭鉱の娘たちが、“フラガール”として全国を巡業しPRしたのです。

 

あれから月日が経った2011年、 先輩フラガール達の足跡を辿るように、

今度は大震災で窮地に立たされたいわき市のために、フラガール達が立ち上がりました。

 

マルヒア由佳里さん

松雪泰子さん・蒼井優さん主演で映画化され、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した

『フラガール』をご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

 

リーダーのマルヒア由佳理さんが、ソロステージで、映画と同じあの演目を踊ったとき、

会場の興奮はピークに達しました。無論、私も鳥肌が立ちました。

 

お客さんたち

この日の最終公演には、フラガールのステージを見ようと大勢のお客さんが殺到しました。

みなさん、この日を心待ちにしていたんですね。

いまやフラガールの活躍は、いわき復興のシンボルとなりつつあります。

 

フラガール達からもらった笑顔と感動のお返しに、

今度は私達が再開オープンしたスパリゾートハワイアンズやフラガール達を、

応援したいものです。

 

新キャラクター

興奮冷めやらぬステージに、続いて登壇したのは、いわきの農業者の方々と新マスコット。

ここで、『いわき農産物見える化プロジェクト“見せます!いわき”』のPRがありました。

 

いわき市が10月よりスタートした新たな取組みをみなさんに説明するとともに、

新しく誕生したマスコット、『くまんま』『とまにゃん』『なしポチ』のお披露目がありました。

 

おわかりでしょうか? いわきの主な農産物である『米』『トマト』『梨』です。

名前といい、姿といい、ゆるキャラっぷりがいい感じですね。(笑)

 

農業者自らが挨拶し、心をこめて作ったいわきの野菜や果物を、

放射性物質の汚染状況を細かく検査し公開することで、

納得してみなさんに食べていただきたいと、力強くアピールしました。

 

いわき復興祭2

 

このように、盛りだくさんの内容で2日間にわたって開催された『がんばっぺ!いわき復興祭』。

なんと、2日間で10万人以上もの方が訪れたそうです。

 

私も、いわきの魅力を改めて知るとともに、

たくさんの方々が震災に負けず頑張っている姿を見て、 元気と勇気をもらいました。

 

今日からまた、「がんばっぺ!いわき!!」

 

(つる)