2012年

1月

21日

FMいわき~いわき農業青年クラブ連絡協議会会長・白石長利さん~

今年に入って最初のスタジオ収録でした。

 

ゲストは、『いわき農業青年クラブ連絡協議会』の会長を務める白石長利さん

いわきの若手農家のリーダー的存在として、クラブの活動を積極的に展開されているお方です。

 

また、ご自身も『ファーム白石』の担い手として、

小川町でコメ160アールのほか、露地ものの野菜を80アール栽培するなど、

日々農業に励んでおられます。

 

白石さんによると、 ファーム白石の、無農薬・無化学肥料の自然農法でつくる野菜は、

栄養たっぷりで、安心してお召し上がりいただける愛情こもったものばかり。

トマト、里芋、ナス等、さまざまな野菜をつくっていますが、

今の時期ですと、キャベツ、大根、ブロッコリーが旬だそうです。

 

農業青年クラブの活動としては、畑を借りて市民菜園をつくり、

栽培指導や実践的アドバイスをするなど、

農業の楽しさを多くの方に知っていただく活動もされています。

 

白石長利さん
白石長利さん

 

白石さんは、市がおこなう「わくわくアグリ教室」の講師を、平成22年度まで務めていらっしゃいました。

これは、市内の小学生と親御さんが、野菜の苗の定植から収穫までを体験する教室ですが、

子供達は大人の発想しないようなことを言ったりするので、白石さん自身とても勉強になったそうです。

 

親子が一緒の目標に向かい、「土」を通してふれあえる時間を提供できたことが、

なによりも嬉しかったし、やりがいがあったと、白石さんは笑顔で話してくださいました。

 

白石さんと言えば、昨年10月よりオンエアされたテレビCM 『見せます!いわき 宣言篇』にも

トレードマークの赤いつなぎを着てご出演されています。

 

いわき農作物見える化プロジェクト」が、その意気込みを全国に伝えるために制作されたCM。

冒頭で、畑でナスを収穫する白石さんがアップになって映るシーンがありますが、

あの顔に流れる汗は本物だそうです(笑)

 

いわきの農業関係者1,000人を集めるという壮大な撮影は、制作期間が短かったこともあり、

本当に1,000人も集まってくれるのかと当日の朝まで不安だったそうですが、続々とバスが集まり、

あっというまに1,000人の“一枚岩”が完成しました。

 

この圧巻の光景に、いわきの農家が一つになった感動を覚えたそうです。

 

 

テレビCMはこちら ↓↓↓

 

最後に、今後について、お話いただきました。

 

白石さんは今、『ineいわき農商工連携の会』の一員としての活動もされています。

これは、こだわりのある生産者・加工者・販売者、あるいは職能を持った方などが連携して、

人に勧めたくなるような“いいもの・いいこと”を生み出していこうという団体です。

 

今後の目標としては、こだわりが伝わる生産者と消費者の交流体験や、

風評被害をなくすための継続的な情報発信をしていきたいと意気込みを語っていただきました。

 

つねに前を向き、困難でも新しいことに挑戦していく白石さんの姿をみて、

パーソナリティーの田子さんも、思わず「いーね!」をナイスなコメントを返していらっしゃいました(笑)

 

さてさて、FMいわきで毎週木曜日、17:33からオンエア中のこの番組では、

今後もいわきの農業に携わるさまざまなゲストをお呼びして情報をお伝えしていきます。

 

--------------------------------------------------------

SEA WAVE FMいわき 『がんばっぺ!いわき農業情報局』

毎週木曜 17:33~17:48 オンエア

--------------------------------------------------------

 

SEA WAVE FMいわきの周波数は76.2MHzです。

インターネットにつながっているパソコンがあれば、全国どこからでも

FMいわきのホームページよりサイマルラジオ放送でお聞きいただけます。

来週もお楽しみに~!

 

(つる)

 

市役所農業振興課の荒木さん、白石さん、パーソナリティーの田子さん
市役所農業振興課の荒木さん、白石さん、パーソナリティーの田子さん