FMいわき~彩花園・遠藤さん~

毎週木曜17:33~オンエアしている『がんばっぺ!いわき農業情報局』。

本日3月8日(木)の収録・放送分は、渡辺町で農産物直売所『彩花園』を運営している

遠藤菊男さんにお越しいただきました。

 

彩花園の遠藤さん
市役所の荒木さん(左)と、彩花園の遠藤さん(右)

 

遠藤さんは、いわき市の認定農業者協議会と農業生産振興協議会の

両方の会長を務めていらっしゃって、いわきの生産者からの信頼が厚いお方です。

 

直売所の『彩花園』は、「農家の思いを直接、消費者の皆様に伝えたい」との思いから、

平成18年7月にオープンしました。

デルヒニウムやトルコキキョウといった西洋花を生産していたことから命名したそうで、

オープンして5年半、現在は季節の野菜や、お惣菜、名物のマコモタケなどを中心に取り揃え、

水曜・日曜に開店しています。

 

ただ農産物を売るだけではなく、畑や田んぼを、見て、触れて、体験して、

五感で味わってもらう“体験型直売所”として、野菜の収穫イベントを開催しています。

毎年6月におこなうホタルの鑑賞会には100名以上(!)のお客さんが参加されて

旬の野菜料理を味わったあとに、川辺で美しいホタルの光を堪能されるんですって!  

 

彩花園
いわき市渡辺町にある直売所『彩花園』

 

ところで、みなさんは、「マコモタケ」をご存知ですか? キノコではありませんよ(笑)。

水田を利用して栽培できるイネ科の多年草「マコモ」の茎が肥大した部分が「マコモタケ」です。

 

タケノコのようなシャキシャキとした食感と、ほのかな甘味が特長。

低カロリーで食物繊維が豊富なので、ダイエットしている方にも嬉しいですね。

クセのない味で油との相性もよく、中国では高級食材として用いられるそうです。

 

遠藤さんは、この「マコモタケ」の生産者でもあり、10月~11月に収穫されるマコモタケを

水煮や塩蔵にして長期保存食として販売したり、お惣菜に取り入れたりしているんです。

 

収穫したマコモタケ
収穫したばかりのマコモタケ(10月撮影)
きんぴら&コロッケ
マコモタケのきんぴらと野菜たっぷりのコロッケ

 

なんと、スタジオに作りたてのお惣菜をお持ちいただきました!

 

マコモタケのきんぴらと、小松菜などお野菜たっぷりのコロッケです!!

 

ごま油の風味とマコモタケの食感が楽しいきんぴら。ほんのり甘くて懐かしい味のコロッケ。

ん~~~!美味しかった!! 遠藤さん、ごちそう様です!!

 

ブランド化支援実績

 

じつは、私たちのブランド化支援事業では、平成22年度から『彩花園』を支援していて、

これまでに「まこもたけの水煮」の商品ラベルや『彩花園』ののぼり旗などを制作しています。

 

そんなご縁もあり、今日は遠藤さんとご一緒できて嬉しかったです(^^)

 

記念撮影
前列右から時計回りに、彩花園の遠藤さん、市役所の荒木さん、私、パーソナリティーの田子さん

 

さてさて、FMいわきで毎週木曜日17:33~オンエア中の『がんばっぺ!いわき農業情報局』では、

来週もいわきの農業に関するさまざまな情報をお伝えしていきます。

 

来週もお楽しみに!

 

(つる) 

 

地図・アクセス

彩花園

福島県いわき市渡辺町泉田字一町田24

TEL: 0246-44-3641 FAX: 0246-44-3729

OPEN: 9:00-18:00 ※水耀・日曜のみ