2012年

10月

04日

ぶどう園第二弾! 夏井川渓谷 葡萄の里!!

またまた、ぶどう園発見!

川前町にある「葡萄の里」さんを紹介します。

 

この農園は植野さんが、経営する農園で

平成7年より摘み取り園をスタートしました。

作付け面積は、2反半あり、年間の収穫は

3t以上あるとの事でした。

震災前は、多くのお客様が、来園し

10月末の閉園時には葡萄が無くなるほどの盛況振りで、

栽培する多種類の葡萄を味わって頂いたそうです。

震災後は風評の影響で、来客数が1割以下に落ち込み、残ったぶどうは全て廃棄処分しました。

 

農園は写真で分かるようにハウスになっていて

雨が掛からないようになっています。さらに鳥獣や

虫が入らないように、ネットで囲い、その外側

は小動物避けの電気柵が設置されています。

流石です!これで安心して摘み取れます。

 

色とりどりの葡萄が栽培されています

★スチュ-ベン

果皮は黒く粒はやや小さめで、糖度は高いものだと20度以上になる甘いブドウです。

赤嶺

山梨市で発見された紅色の大粒ぶどう。果肉は歯切れがよく、甘味が強くてほどよい酸味があります。

藤稔

果粒は平均20g前後と大きく、果肉はやわらかめで果汁が豊富。糖度は平均17度くらいと甘くて、適度な酸味もあります。また皮離れがよく食べやすいのも特徴の1つ。

ロザリオ・ビアンコ

楕円形の大粒ブドウで果皮は薄黄緑。果皮が薄いので皮ごと食べられます。酸味は少なく多汁で、上品な甘みがあり、高級ブドウとして人気です。

★ハニーシードレス

糖度は18~20度と高く、酸は少なく、食味は優れている。

サニールージュ

種なし果粒で糖度は19度と高く、果皮は巨峰程度に剥ける。

その他、ナイヤガラ、島根スイート、ギザマート、ベリーA、バイオレットウエハラ等が栽培されています。

※いわき農産物安全確認モニタリング検査も、年2回行なっており規制値を満足しています。

 

 


摘み取りだけでなく、ぶどう園隣接の直売所で各種ぶどう(種類によって収穫時期が違うのでご確認ください)を買うことができますが、その他ファーマーズや道の駅よつくら港で買うことも出来ます。

直売所では、ワインも販売されています。

 

新鮮さで言えばやはり摘み取って食べるのが一番です。

 

葡萄の里さんでは、朝の9時から夕方の4時まで時間制限がないので、川前町の自然の中で、日がな一日、葡萄を食べながら

                                    ゆったりとした時間を過すのも良いですよね。

 

【料金】

摘み取り食べ放題

大人 1200円、 小人 800円、 3歳以下 無料

【住所】

いわき市川前町川前字前川原44番地

【電話】

0246-84-2023

 

 

葡萄の里パンフレット
自由にダウンロードしてご覧下さい。
葡萄の里PDF.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 504.7 KB