FMいわき~いわき市とカジキの繋がり~

本日は、カジキグルメ実行委員会 委員長 武藤 眞一さん
いわき市役所 観光物産課 伊藤 好康さんにお話していただきました。

 

伊藤さんが所属する
「観光物産課」の仕事は、大きく分けて3つあり、
①いわき市のPR、観光の誘致
②いわき市の物産振興
③観光施設の管理 を行っています。

左から パーソナリティー田子さん、カジキグルメ実行委員会 委員長 武藤 眞一さん、観光物産課 伊藤 好康さん
左から パーソナリティー田子さん、カジキグルメ実行委員会 委員長 武藤 眞一さん、観光物産課 伊藤 好康さん

それでは『カジキ』のお話に移りたいと思います。

 

昨年10月に小名浜のアクアマリンパークで開催された
『第2回みなとオアシスSea級グルメ全国大会in小名浜』は、

皆さん記憶に新しいと思います。

 

この全国大会で、
みなとまち創造会議「ジャンボ!いわきカジキメンチ」がグランプリを
磐城農業高校「カジキドッグ」が準グランプリを獲得と、

いわき市の団体が、並み居る全国の強豪を抑え、1位・2位を独占いたしました。

左写真:武藤さん、磐農生徒                              右上:カジキメンチ 右下:カジキドッグ
左写真:武藤さん、磐農生徒                              右上:カジキメンチ 右下:カジキドッグ

 

カジキは、美味しいだけではなく、疲労回復を助けてくれる“イミダペプチド”
100gあたり2000mgも含まれているんです。
“イミダペプチド”がたくさん含まれていることで有名な鶏肉でも、100gあたり400mg

 

カジキには、その5倍“イミダペプチド”が含まれているんですね!

 

 

この「カジキ」を使ったお料理は、アクアマリンふくしま、美食ホテル、いわき・ら・らミュウなど市内11店舗で食べることができます。
カジキグルメ実行委員会が『カジキグルメマップ』というパンフレットでご紹介しており、
いわき観光まちづくりビューローHPにてダウンロードが可能となっております。

 

また、お店だけではなく、お土産や自宅で食べることもできる「カジキグルメセット」

販売も行っています。

 

・カジキのバジルソテー ・カジキのもろみ漬  ・カジキの西京漬  ・カジキメンチ
・カジキ竜田揚げ     ・カジキフライ     ・カジキボール

 

カジキを存分に楽しみたい方には、おすすめのセットになっています。

この「カジキグルメセット」は、みなとまち創造会議のHPで、申し込み用紙を印刷していただき、
FAXにてご注文ください。

 

 

 

「カジキグルメセット」申し込み用紙

↓↓↓

http://onahama-ptcm.com/ptcm/wp-content/uploads/2012/10/fax_orderform.pdf

「カジキグルメセット」
20130121110521.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 184.0 KB

 

上記で、カジキグルメについてお話させていただきましたが、「なぜ、カジキ?」という方も多いと思います。

 

いわき沖は、南のフィリピンから日本の太平洋沿いを北上してくる黒潮
北のベーリング海より北海道の太平洋側を南下してくる親潮が出会う「潮目の海」と呼ばれています。

 

「潮目の海」には、良質なプランクトンが発生するため、小魚が多く集まります。
この小魚を求めて良質なカジキも集まり、他の地域より大きいカジキが水揚げされます。

 

このカジキを狙って、いわき市では平成10年より、“カジキのビルフィッシュトーナメント”が行われてきました。
あまり知られてはいないのですが、いわき市とカジキにはこのような繋がりがあったんですね。

『第2回みなとオアシスSea級グルメ全国大会in小名浜』でカジキを使用した料理が、

グランプリ・準グランプリに輝き、全国にいわきのカジキをPRできました。

 

もっともっとカジキをPRするため、いわき市やいわき観光まちづくりビューローの皆様と協力しながら、

首都圏各地で開催されるイベントやお祭りでカジキ料理を提供するなど、カジキグルメの普及・宣伝活動を精力的に行っています。

 

1月12日~20日には、東京ドームにて開催された『ふるさと祭り東京2013』にてカジキメンチを販売いたしました。

 

 

いわき市と同じようにビルフィッシュトーナメントを開催し、町おこしを行っている地域は、全国にいくつかはあるのですが、カジキを実際に調理して、カジキグルメで町おこしを行っている地域は、ほんの少数なんだそうです。

 

カジキを調理するということは、まだまだ珍しいことなんですね。

是非、いわきをカジキグルメ発祥の地にして、全国に発信していきたいですね

 

 

最後にカジキグルメ実行委員会さんの目標で締めさせていただきたいと思います。

 

 

「カジキグルメ実行委員会の目標は、カジキのブランド化です。カジキのブランド化が進むことで、いわきの海のイメージ、魚のイメージが回復し、最終的には、いわき地域全体のイメージの回復ができると信じています。

これから、是非ともカジキ料理を食べて、もっともっとカジキについて知っていただき、皆さんと一緒にカジキのブランド化を進めて行ければと思います。」