FMいわき~いわきの純米酒“絆”~

本日は、太平桜酒造代表大平 正志さん
いわき市 見せる課横田 竜一さんにお話を伺いました。

 

太平桜酒造さんは、常磐下湯長谷町にある酒蔵さんです。

 

太平桜酒造さんというと震災後、いわき市の農作物に対する風評対策と復興を目的に、
いわきのお米をつかった純米酒「絆」を醸造してくださいました。

 

そして

 今年もその「絆」が出来たというお話を聞き、早速お邪魔させていただきました

 

純米酒「絆」は、いわき産の酒米「日本晴」という品種を使用しています。

 

今年の1月から仕込み始め、2月25日に絞り、今年の「絆」が完成しました。

 

「絆」に限らず、お酒造りは、基本的にはみな同じ。
原料となる酒米の品種や、仕込んでいる間の気候などで味が変わるんだそうです。

 

昨年に引き続き、今年は取組み2年目ですが、今年の「絆」はどんなお酒になったんでしょうか
大平さんに聞いてみました

 

Q1 今年の「絆」はどのようになりましたか

 

A1 今年の冬が、例年より寒かったので、発酵に時間がかかり、温度管理が大変でした。
   が、そのおかげで去年とは違う味わいになったんじゃないかなと思います。

 

 

Q2 昨年の「絆」は“やや辛口で、飲んだ後にほのかに残る香りが良い”と好評だったのですが、
   今年の「絆」はどんなお酒になったんでしょうか
    
A2 そうですねぇ、今年の「絆」は、昨年よりやや甘口で、まろやかな味に仕上がっていると感じています。
   とはいえ、お酒の味わいは、人それぞれですので、多くの人に飲んで味わっていただきたいと思いますね。

 

 

Q3 ラベルが2種類ありますが、これは何か違いがあるのですか

 

A3 中身は同じなんですが、今年は、2種類のラベルを作ったんです。
   一つは、昨年と同様のものですが、もう一つは、酒米づくりに協力された
   いわき明星大学の学生さん達がデザインしたラベルなんです。

稲刈りに励む“明星大生” (9月)
稲刈りに励む“明星大生” (9月)

 

以前ご紹介しました川部町の小野さん「五百万石」というお酒造り用の米を作られましたが、

いわき明星大学の学生さん達のほか、大平さんや四家酒造の四家さんも田植えや稲刈りに参加されました。

 

この「五百万石」は、四家酒造さんで吟醸酒の「絆」になります。

左:四家酒造 四家さん 右:大平さん (稲刈り後、お酒について教えていただけました♪)
左:四家酒造 四家さん 右:大平さん (稲刈り後、お酒について教えていただけました♪)

 

太平桜酒造さんでは、純米酒の「絆」を。四家酒造さんで吟醸酒の「絆」を。

 

「小野さんと大平さんの絆、大平さんと四家さんの絆、
 そしていわきの皆さんとの絆を感じながら、参加しました。」と大平さん。

 

 

それでは、大平さんの今年の「絆」に込める思いをお聞きください。

 

地元の米から醸造する美味しい日本酒を通し、未だ続く農産物への風評が少しでも

払拭されたら嬉しいですね。
また、今年のお米は全て、放射性物質検査をしていますし、出来上がった後もいわき明星大学で

検査していますので、安心して召し上がっていただけると思います。

左から、見せる課 横田さん、太平桜酒造 大平さん、パーソナリティー 田子さん
左から、見せる課 横田さん、太平桜酒造 大平さん、パーソナリティー 田子さん

 

市内外を問わず、この「絆」を知っていただくことで、
いわき市に関心を持っていただき、いわき市の現状や取組みを知っていただけたらと思います

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    鶴﨑 美智博 (土曜日, 24 8月 2013 09:37)

    TVで拝見しました。飲んでみたいです。

  • #2

    ブランド化支援員 落合 (土曜日, 24 8月 2013 12:35)

    鶴崎様、コメントありがとうございます。

    最近TVで“絆”が紹介されましたでしょうか?

    ブログでもお伝えしていますが、現在“絆”は
    太平酒造さんから販売されている「日本晴」というお米を使用した純米酒と
    四家酒造店さんから販売されている「五百万石」というお米を使用した吟醸酒
    の2種類があります。

    (四家酒造店さんの記事はこちらです)
    http://iwakinome.jimdo.com/2013/04/25/shikesyuzou/

    ぜひ、飲み比べをして、お楽しみくださいませ!