新鮮自家産野菜~古川農園直売所~

  国道6号線を いわき市錦町で山側に折れると、中迎(なかむかえ)の道路沿い右側に

小さな直売所があります。こちらは代々農家を営んでいる古川農園さんの直売所。

  隣接するハウスや畑、また道路を挟んだ反対側にもハウスがあり、収穫したての

旬の野菜が所せましと並んでいます。

 

古川農園さんの主な生産物はトマト(桃太郎、ごほうびトマト)、玉ねぎ、大根、ほうれん草、その他

豊富な種類の旬の野菜です。

また、加工品では自家製のたくあん(12月~3月末まで販売)は予約がくるくらい人気だそうです。

 

自宅近くの畑やハウスで野菜を育て、毎朝直売所に並べる分だけを収穫しているので抜群の鮮度

です!並んでいる野菜たちは どれも とても元気で シャキッ!! としていました。

もし売り切れてしまっても、追加で収穫・販売してもらえるのがうれしいですね♪

 

 

古川さん夫妻 

『農協から購入した肥料と、減農薬で栽培した自家産野菜だけ販売していますので安全性には

自信があります。』 と 島崎さん (古川さんの娘さん)。

もちろん放射能検査も済ませています。

 

 震災後はハウスの中が地盤沈下でデコボコになり、河川敷の畑には水が上ってくるようになり、

それまで作り上げてきた良質な土が流されてしまい、野菜の栽培ができなくなってしまったそうです。

そんな状況の中直売所を休業することも考えたそうです。ですが、物流が止まり食料が不足した

時に、困ったお客さんから「品物があるのなら、お店を開けてほしい」という電話をうけ、「1人でも買い

に来てくれるお客様がいるのなら」と、休業せずに今日まで続けています。

 

 風評被害で減ってしまっていたお客さんの数は、今は以前と同じくらまで戻っているとのこと。

お話をうかがっている間にも常連のお客さんが何組か、お目当ての野菜を購入していきました。

 

     色付き始めたトマト        収穫間近のだいこん             ニンジン

 

 今はスーパーや宅配などで、欲しい野菜が簡単に手に入る便利な時代でが、

こうして野菜を育てている農家の方の努力無しには成り立ちません。

震災により、改めて農家の方への感謝を思いました。

 

古川農園さんは お父さん、お母さん、娘さん、そしてパートさんと、みんなで大切に野菜を育てて

販売されているとてもアットホームな直売所です。

 

勿来方面へお出かけの際には、是非立ち寄ってみてくださいね。

 

また、古川農園さんは植田町の「うえだ街なか軽トラ市」(毎月第1・第3 水曜日 午後3時から)

にも出店されています。

 ※「うえだ街なか軽トラ市」は2013年5月をもって終了となりました。

 

 

***2013年7月13日追記***

 古川農園さんも出店しています!!

 

 プチ歩行者天国「うえだ夕市」

 【期間】     2013年6月~12月

 【開催日】   毎月第3土曜日

 【時間】     14:30~16:30

 【開催場所】  いわき市 植田駅前中央通り

           (吉田家具店前交差点~居酒屋おとっつあん前交差点)

            JR常磐線「植田駅」から徒歩1分

 【主催】      うえだ商店会

 【問合せ先】   うえだ商店会 電話:0246-62-5539

 

 JR植田駅からすぐの駅前中央通りの一部が、歩行者天国が開催されます。地元の野菜生産者

 による軽トラック市や、手づくりの惣菜・お菓子の販売、フリーマーケットのほか、地元のバンド  

 による演奏あり。

 

 

 

《古川農園 直売所》

 

 〒974-8232

 いわき市錦町中迎1丁目8-1

 

【営業時間】

夏期 10:00~18:00

冬季 10:00~17:00

 

【駐車場】

直売所向かい側 ビニールハウス前のスペースに駐車可能です。