2013年

5月

31日

生きている土で 野菜をつくる~山さと農園~

今回は、毎週日曜日、平レンガ通り『百姓の市』に一店舗で出店をされている、

入遠野 『山さと農園』佐藤 吉行さん・佐藤 登志子さんにお話をうかがいました。

 

 「無農薬」や「有機栽培」「オーガニック」という言葉が一般に広まったのは、まだここ数年のこと

という印象があるのですが、佐藤さんが農薬を使わず、有機肥料で野菜の作り始めてから、

なんと30年になるそうです。

素敵な笑顔の佐藤さんご夫妻。吉行さんはとてもエネルギッシュな印象の方です。

 

佐藤さんのお家は代々農家。かつては養蚕で栄え、吉行さんの代になり、たばこ・養豚

へと転向しました。しかし市内に60戸あった養豚農家は、次第に悪臭問題に悩まされる

こととになり、ついには佐藤さんも養豚業が立ち行かなくなってしまいました。

そして気づけば、返済がままならないほどの借金を背負ってしまっていました。

 

『このままではだめだ』

 

そう思った頃、有吉佐和子『複合汚染』に出会い、それがきっかけで もともと興味のあった

無農薬・有機栽培の研究を始めたそうです。

初めは 養豚業と平行しながら栽培をしていましたが、野菜はなかなか売れませんでした。

 

そんな時「いわき生態農業研究会」と出会います。

 無農薬や有機栽培のメンバーの集まりである会は、毎週日曜日、平のレンガ通りに「百姓の市」

という朝市を開き始めました。


 

 市に並ぶ無農薬野菜は、スーパーの規格サイズの野菜と比べると、見劣りするものもあります。

ですが直売なので、スーパーの野菜よりも新鮮で、野菜本来の甘みがあり、最初のうちはまばら

だったお客さんも、次第に口コミで集まるようになり、飛ぶように売れるようになりました。

 

そこで佐藤さんは

 

「お客さんが望んでいるのは無農薬の野菜だ」

 

と改めて実感したそうです。

 

そしてお客さんから要望があれば、新たな野菜も栽培し、個人宅への配達も始めました。

その後、低農薬・有機の野菜の宅配全国ネットワークで展開する、大手の会社とも契約を結ぶまでに

なり、野菜の評判はますます上り、ほぼ10年で借金を返し終えました。

 

平成12年には遠野町深山田にある「サロン&ペンション ミモザ」(※旧「メゾン・ド・モンペール」)

の向いに「山さと農園直売所」を開きました。

 

 「百姓の市」が先駆けとなり、市内のあらゆるところで新鮮野菜や有機栽培をうたい文句にする

農家や生活改善グループによる直売所ができ始めました。

それと合わせるように、会の活動はそれぞれの会員に委ねられるようになり、時と共に「百姓の市」

のメンバーも変わり、鮮魚や水産加工物も販売されるようになりました。

現在は平飼いの養鶏も手掛け、卵は「山さとの自然卵」として販売中。

 

しかし、2011年3月11日の東日本大震災後、そして原発事故。

多くのお客さんが離れていきました。

 

個人宅配の顧客は36家族から13家族に減り、大手の会社との取引も、極わずかな量にまで

減ってしまいました。

「山さと農園直売所」を休業させし、「百姓の市」も一時お休みしました。

ですが、お客さんからの問い合わせがあり、2011年6月下旬、「百姓の市」を再開しました。

しかし他の出店者は震災の営業で休業を余儀なくされ、現在「百姓の市」は佐藤さんの一店舗だけ。

それでも、登志子さんは

「一人でも買いに来てくれるお客さんがいるなら、続ける」

と決心しました。

 

農薬を使わず、安全で美味しい野菜を育てるには、まずは土づくりから始めなければなりません。

 「かつては微生物が全滅してしまい、土が死んでしまったこともある。」と佐藤さん。

 

風評被害という、ゼロではなく言ってしまえばマイナスからの再スタートに立たされても、力強く前へ

進む佐藤さんの根底には、様々な苦難を乗り越えてきたという自信と「安全と安心」に対する信念が

あるのだと感じました。

 

 

☆☆☆「山さと農園」の農薬不使用・有機栽培の野菜を購入したい方は・・・☆☆☆

 

○宅配で購入

 注文先:山さと農園(佐藤吉行&登志子)

      TEL 0246-89-4106/FAX 0246-89-4189

                 

               もしくは

     

      山さと農園(佐藤耕士)

       E-mail yamasatonouen@hotmail.co.jp

            ※E-mailでの注文対応は息子さんの耕士さんとなります。

       

      【山さと農園ブログ】もチェック!!

       月ごとの旬の野菜、畑の様子、農作業の情報などを知ることができます。

      

 

「百姓の市」で購入

 住  所:いわき市平一丁目34-2 レンガ通り ハナカ前
  
 営業日 :日曜日
  
 営業時間:10:00~11:20
 (※11:30~12:00は市立美術館向いのカトリックいわき教会前で販売しています)
  
 問い合わせ:0246-89-4106
 (代表:佐藤)      

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    中村和代 (日曜日, 30 3月 2014 20:11)

    こんにちわ 初めまして
    今日は綺麗なお野菜を送って頂いて有り難うございます。
    楽しんでお料理を考えて美味しくいただきたいと思っています。
    これからも注文をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

  • #2

    ブランド化支援員 (月曜日, 31 3月 2014 10:45)

    >中村さん
     コメント有難うございます。山さと農園さんのお野菜をご注文されたのですね。
     山さと農園さんのお野菜、美味しいですよね(^^)。
     こちらはいわき産学官のブランド化支援のホームページですので、
     是非、上の記事の山さと農園さんのホームページか、佐藤さんのメールアドレスに
     メッセージを差し上げて下さい。