楽しむ農業で健康野菜、ファーム白石。

「いわきのめ」ブログ

2013年に取材させてもらった農家さん、生産者でまだブログアップしていなかった皆様を紹介させていただきます。

本当におそくなってごめんなさい。

取材時、青い空に囲まれ田んぼや畑の緑は、やさしい風に応えるようにリズミカルに揺れていました。

白石さんはそんな自然の営みをリードする指揮者のような存在です。

白石ファーム代表、白石長利さん
白石ファーム代表、白石長利さん

「ファーム白石」代表の白石長利さんは農業者大学校を卒業後、2005年より就農し現在10年目の農家であり、主要製品は「米」「ブロッコリー」「キャベツ」「トマト」「ニンジン」「ネギ」「大根」そして「里芋」です。

 

ファーム白石では露地栽培の野菜を「MOA自然農法栽培」という栽培方法に統一しています。

この「MOA栽培」とは「一般社団法人MOA自然農法文化事業団」の定める基準とルールに従って行われる栽培(農法)の事であり、具体的には農薬・化学肥料使用せず栽培する農法です。

MOA自然農法ロゴ
MOA自然農法ロゴ

このMOA自然農法のブランド看板認可を取得するには、MOA講習一年間受けた後に仮登録3年間実践期間を経てようやく認可を得る事ができるのであり、一朝一夕に得る事の出来るものではありません。

 

それに加え土地との相性も非常に重要!ファーム白石の在る小川地区の土地は地力があり、化学肥料よりもむしろMOA栽培の方が適していると白石さんは言います。

 

ファーム白石の行うMOA栽培は白石代表の手間暇を惜しまず、安全で美味しい野菜を追及する姿勢と、「お客様の要望」に応えていきたいという強い想いの表れなのです!

様々な農産物を生産しているファーム白石ですが、他にもエコファーマ―認定を受けたトマトを使った「トマトジャム」、フランス料理店Hagiのオーナーシェフである萩春朋氏と共同開発した「ニンジンドレッシング」、ネギを使った「ネギだれ」など多くの農産物加工品の開発にも力を入れています。

新開発!焼ねぎドレッシング!
新開発!焼ねぎドレッシング!
子供たちと収穫の喜びを共有する。
子供たちと収穫の喜びを共有する。

 

 

 

そんな白石さんは労力の掛かる栽培の合間を縫って、様々なイベントに積極的に参加しています!

市と連携し「わくわくアグリ教室」という3年間に渡る農業体験プロジェクトを行ってもいました。

現在は「週末ファーマーつちクサZ」という野菜を植えて収穫まで親子で体験することができるイベントを推進している白石さん。

震災による影響をものともせず情熱確かなビジョンを持ち、いわきの農業の更なる発展の為に尽力されています!

 

白石さんの野菜を食べる機会がありましたら、是非イベントにも足を伸ばしてみてください!

きっと命を育てる素晴らしい体験が待っているはずです!