素人手打ちそば 『御食事処 なごみハウス』

今回は いわきの市街地から三和方面へ向かう、国道49号線沿いにある赤い看板が目印の

「御食事処 なごみハウス」さんをご紹介します。

 

 

こちらの「御食事処 なごみハウス」は、福島県の緊急雇用創出事業の

「6次産業化による三和地域コミュニティ活性化モデル事業」として、

NPO法人シニア人財倶楽部が2013年3月10日にオープンさせました。

 

もともと蕎麦の産地だった三和には蕎麦打ちの経験者が多く、この「なごみハウス」

オープンしたことで、地域のお母さんたちが働ける場所ができました。

 

店舗の奥にある蕎麦打ち道場で地元の方たちが心を込めて打った蕎麦は、素人とはいえ

「また食べた~い!」 と思うほどの腕前です。接客と調理も地元のお母さん達が担当

されています。

 

店舗隣には畑とビニールハウスがあり、元気に育った採れたての旬の野菜が、天ぷらとして

提供されることもあります。(この天ぷらが、サックサクでまた絶品なんです!!)

 

 

県内産そば粉「会津のかほり」といわき産の野菜の相性はピッタリ!野菜は季節により異なります。

※写真は2013年5月現在のものです

 

こちらの店舗、もとは呉服店として営業していましたが、ここ数年は空き家となっていました。

それを東京の建築家と、建築家を目指す大学生で構成される「tabiie(タビイエ)」のメンバーが、

デザイン設計・建築の協力を無償で申し出てくれて、2012年の秋に「なごみハウス」が完成した

そうです。また、店舗の客席として使用されている立派な一枚板のテーブルや丸太椅子は、

「なごみハウス」を運営しているNPO法人シニア人財倶楽部の皆さんが作りました。

 

東京の若者たちと地元いわきのシルバー世代の方たちが力を合わせて作った「なごみハウス」

優しい木の壁と温かみのあるインテリアに囲まれた店内は、落ち着いてゆったりと食事ができる、

まさに「和み」の場所です。

 

 

毎日先着30名様には、美味しい焼きおにぎり付というサービスも嬉しいですね♪

 三和方面へお越しの際は、是非一度お立ち寄りくださいませ!

 

『御食事処 なごみハウス 素人手打そば』
いわき市三和町渡戸字宿60-1

(下記の地図上での名前は多田商店(旧店舗名)のままです。※2014年1月現在)

 

電話:0246-87-2255

 

【営業日】火・水・木・土・日
【営業時間】11:00~15:00
【駐車場】国道49号線に面した駐車場と、その奥に通り抜け可能な広い駐車場があります。