2014年

5月

24日

震災を乗り越えて!~株式会社百姓屋 松本喜一氏~

多くの人々に癒える事のない被害をもたらした東日本大震災

ここに震災を乗り越えようと奮闘する、一人の農家さんがいます。

松本喜一さん、「株式会社 百姓屋」の代表理事です。

「株式会社 百姓屋」の代表、松本喜一さんは被災した楢葉町の町議員を4期15年間務めた経験もある方です。今は避難してきた勿来九面地区にて蕎麦専門店を開き、同時に農業にも尽力なさっています。

松本さんがこだわりぬいた蕎麦が食べられる!
松本さんがこだわりぬいた蕎麦が食べられる!

そばの駅九面のこだわりは地元の蕎麦粉を使っている事!!

代表自らが吟味した蕎麦はのど越しが気持ち良く、程よい弾力が歯に伝わる十割蕎麦

代表のこだわりが蕎麦を通して伝わってきました・・・!

イチオシ、八重のさくらそば!桜の花を模したとろろが目を引く逸品!
イチオシ、八重のさくらそば!桜の花を模したとろろが目を引く逸品!

さて松本さんは蕎麦店経営の傍ら、ニンニクの栽培も行っています!

しかしこのニンニク、普通のニンニクとは一味違います!

実はニンニクの一片を水耕栽培によって意図的に芽を出させた、スプラウト(発芽野菜)なのです!この特別なニンニクを松本さんは「芽子ニンニク」という名称で販売しています

実は”めんこい”と”発芽”から「芽子ニンニク」とネーミングされたそうな・・・
実は”めんこい”と”発芽”から「芽子ニンニク」とネーミングされたそうな・・・

スプラウト自体は我々が良く知る「もやし」「カイワレ大根」が代表的ですね。

植物というのは発芽の際が一番元気であり、種子に含まれていなかった成分が代謝の中で新たに合成されるので、多くの栄養素を含みます。


その例に漏れず、なんと芽子にんにく1本(1粒)に、普通のにんにく1粒(りん片)の9倍、ほうれん草の3.6倍の鉄分が含まれており、カルシウム2倍以上と、とにかくミネラルが豊富なのです!

ニンニクから”芽子”ニンニクへ!
ニンニクから”芽子”ニンニクへ!

さらにニンニク料理を食べた後にどうしても気になる臭いですが、芽子ニンニクはその臭いが残りにくく、次の日にはほとんどの場合消えてしまっているそうです!

多くの栄養を含み、匂いが気になりにくいとなると、まさに良いとこ取りの野菜と言えますね!

 

食べ方ですが、通常のニンニクの使い方も当然できますし、水耕栽培で綺麗なまま栽培されているので「芽」「ニンニク本体」「根」まで、余すところなく食べることが可能なのも嬉しい所!松本さん曰く何と言ってもオススメは「天ぷら」であり、塩を一つまみ振りかけて食べると本当に美味なんです!

「芽子ニンニクの天ぷら」、忘れられない旨さ。
「芽子ニンニクの天ぷら」、忘れられない旨さ。

さてここまで松本さんの芽子ニンニクの魅力をお伝えしてきましたが、なんと松本さんはもう一つ育てている、大変珍しい野菜を我々に見せてくれました。

「ハマボウフウ」という名のその野菜は我々が思っている以上に、大変希少価値の高いものでした。

葉は肉厚、茎は意外なほど甘味を感じるハマボウフウ。
葉は肉厚、茎は意外なほど甘味を感じるハマボウフウ。

ハマボウフウはセリ科の植物であり、海岸性の多年草です。

そして福島県内植物の絶滅危惧種Ⅱ類(絶滅の危険が増大している)として指定されており、今となっては大変貴重なものとなっています。

”今となっては”と言ったのは、昔は海岸で良く見られ、食用としても知名度はそれなりにあったからなのです。

しかし、様々な理由での海浜の浸食、さらに根が薬用として糖尿病に効果があるなどと俗説が広まった結果、乱獲が起こり、今ではめっきりとその数を減らしてしまいました。

芽吹くまでの時間短縮が現在の課題であるハマボウフウ
芽吹くまでの時間短縮が現在の課題であるハマボウフウ

松本さんは被災する以前、このハマボウフウを増やすために海岸に植えつけをしていましたが、その努力は津波によってすべて流されてしまいました。

それでも避難してきた勿来にて”ある目標のため”に毎日休む暇もなく作業に勤しんでいます。

その目標とは前述した「2つの野菜をいわき市の名産品にまで育てていく」事です。

お話を聞いている間、松本さんの楢葉、勿来、いわき、そして日本を元気にしていきたいという強い気持ちを我々は感じました。

そばも元気に栽培中!
そばも元気に栽培中!

今回取り上げた芽子ニンニクハマボウフウは松本さん経営の蕎麦屋、「そばの駅 楢葉

九面(ここずら)」にて召し上がることが出来ます!芽子ニンニクはお店での直売も可能です!

現在は芽子ニンニクとハマボウフウのさらなる量産に向けての調整を行っている松本さん。

そのあくなき情熱と夢は場所を問わず、今も松本さんを目標へと突き動かしていきます!!

*********************************************

そばの駅 楢葉九面」

〒979-0142

福島県いわき市勿来町九面馬道25−3

TEL:0246-88-1489

*********************************************