美しさを長く~フラワーアレンジメントスタジオミヨコ~

「いわきのめ」ブログ

いつも当サイトを閲覧いただきありがとうございます。

2014年に取材させてもらった農家さん、生産者さんでまだブログアップしていなかった皆様をご紹介させていただきます。

遅くなってしまって申し訳ありません。

皆さんはプリザーブドフラワー(以下Pフラワー)というものを知っていますか?

Pフラワーとは生花に特殊な加工を施し、長期的な保存を可能にした、言わば枯れない花なのです!今回はPフラワーの教室やイベントを開催している「フラワーアレンジメントスタジオミヨコ」さんのお話です。

さっそく教室を見せてもらいに行くと、大量のPフラワーの他にもフラワーボトルと言うものも展示されています。こちらも加工花の長期保存を目的とした加工の1つで、名前の通りボトルにドライフラワーを収納したものです。

フラワーボトルに使用されるドライフラワーには乾燥剤としてシリカゲルを使用し、形や色をなるべく生花時と同じように乾燥させます。

柔らかい花などを乾燥させるとき、シリカゲルの重みに負けて形が崩れてしまう時があるので、熟練者でないと加工は難しいそうです。


現在のフラワーアレンジメントスタジオミヨコでは「制作教室」、「各種イベント・集会における製作講習会実施」、「オーダー製作」をメインサービスとしています。

製作教室には「体験コース」、「趣味コース」、「資格取得コース」が3コース存在しています。

体験と趣味コースでは作品作りを初めから学び、資格取得コースでは各関係団体が定める単位を取得可能です。

代表の船生三代子さん
代表の船生三代子さん

これらの花加工品はより長く花本来の美しさを残す事が出来ます。

そして枯れない花というイメージは大切な人に長生きしてほしいといった思いや願いとリンクし、従来であれば枯れるのを待つばかりであった贈答品の花を半永久的に残すことが出来るのです。

これが加工花の根幹を為す大きな魅力の一つと言えます。

遂に三代子さんの頑張りも認められ、フラワーボトルが県産品に選定されました。

これからは県の顔として商品を提供していく事になるでしょう!

現在三代子さんはいわきの復興を期して、明るい海や山をイメージしてもらえるような作品作りに力を入れています。それらはいわきの野草を盛り込んだ作品になるそうです。

興味のある方は下記アドレスまでお気軽にご連絡下さい!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「フラワースタジオ・ミヨコ」

●〒970-8026 福島県いわき市平字紅葉町

●TEL/FAX:0246-23-2228

●mail: miyokofunyu@outlook.com

●ホームページ: http://www.iwaki-j.net/shop/f-studio/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    亀田弥生 (木曜日, 21 5月 2015 20:44)

    直接見にいって、当日購入できますか?