麺と農産物との出会いをプロデュース!~鈴木製麺(株)~

 今日は、農商工連携商品を製造している四倉町の鈴木製麺(株)さんをご紹介します。  
 鈴木製麺(株)さんは、昭和の時代から主力商品である「島田麺」「そうめん」を製造し、いわき市内

のスーパーで販売するなど市内でも知られた製麺会社です。

 

 また、鈴木製麺(株)さんは以前よりうどんやそば麺に農産物を粉体にして練り込んだ商品を製造

していましたが、これらの商品は今で言うところの農商工連携商品を造っていたわけですね。
 今回は、今まで販売された商品の中で農商工連携に関わった商品をご紹介します。  
     
 まこもうどん
 まこもうどん
 まこもそうめん
 まこもそうめん
 なつはぜうどん
 なつはぜうどん

 鈴木製麺の社長さんは、いわき市内で採れた古代米や山形県のお米を利用してうどんを造っ

たりと、農産物を粉にして麺に混ぜ、うどんやそば、そうめん等を造ることが上手な方です。

「まこもうどん」、果実のナツハゼを使った「なつはぜうどん」「なつはせそうめん」などを

商品化しています。 

 

 「マコモ」や「ナツハゼ」ときいてもピンとこない人が多いと思います。

 まず「マコモ」は、日本では全国で見られるイネ科の植物です。黒穂菌に寄生されて肥大した新芽は「マコモダケ」と呼ばれ、アジア各国で食用や薬用にされています。豊富な食物繊維、ビタミンB1、カルシウム、鉄などのミネラル、葉緑素(クロロフィル)を含んでおり、消化促進、慢性疾患の予防、免疫力アップなど様々な健康への効果が期待できます。

 

 「ナツハゼ」はブルーベリーの一種の落葉低木で、こちらも日本全国に分布しています。

その実には視力改善作用や抗酸化作用が期待できるアントシアニンを含んでいます。

 簡単に麺に混ぜ合わせるといいますが、なかなか難しさ(ノウハウ?)があるようです。 すごいですね!
             



商品の詰め合わせセット 左から彩絆うどん、なつはぜそうめん、マコモそうめんのセットです。
商品の詰め合わせセット 左から彩絆うどん、なつはぜそうめん、マコモそうめんのセットです。
 古代米使用の彩絆うどん
 古代米使用の彩絆うどん

 

 

 

マコモタケとナツハゼの商品カタログです。商談会でも大活躍しました。  

 

 

 


ここからは、鈴木製麺社長さんの趣味のご紹介です!!

「いわき自然史研究会」は、鈴木製麺社長さんが籍をおく研究会です。

鈴木さんは小さい頃から化石の発掘に興味を持っていたそうです。

なんと!鈴木さん、小さい頃は 「恐竜ぼうや」だったのですね。
 私が社長の鈴木千里です!
 私が社長の鈴木千里です!
大好きな化石です。
大好きな化石です。

  麺と農産物との出会いを作ったり、今も恐竜発掘を夢見るなどマルチなお父さんです。きょうは、鈴木製麺株式会社、社長の鈴木千里さんをご紹介しました。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「有限会社 鈴木製麺」

いわき市四倉町字西2-6-3

TEL:0246-32-2703

FAX:0246-32-7308

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////